逆援助をする女性はどんな人?


逆援助をする女性がいることは、今では知られるようになりました。もし、あなたが風俗やキャバクラなどに行きたくてもお金がない、なけなしのお金を使っているなら、逆援助をしている女性を見つけるといいかもしれません。逆援助は、その名の通り女性が男性にお金を渡したりデート代を奢ったりして、体の関係を持つというものです。

普通は、男性が女性にお金を払ったりデート代を払うのが当たり前なイメージがありませんか?ですが、その常識も変わりつつあるようです。今でも、やはり合コンや何らかの出会いがあれば、男性がおごるのが当たり前なイメージですが、女性が男性にお金を払ってまでセックスをしたいという形があるようです。

なぜ、そこまでして女性が男性とセックスをしたいのでしょうか?それは、女性の中には結婚をしてお金があっても、旦那が仕事が忙しく自分の相手をしてくれないという人もいるからです。そうした人ばかりではないでしょうが、やはり彼氏との性生活がうまくいっている人よりも、そうした人が多いようです。

また、彼氏以外にセフレがいる女性では、男性にお金を払ってまでセックスをしたいという人より、他の場所でセフレを探す人が多いようです。なので、逆援助をする女性はどちらかといえば寂しい女性が多いかもしれません。そんな寂しさを癒してくれる男性を探しています。

では、そんな逆援助をする女性はどんな人なのか?寂しいのはわかったけど、容姿や体型は自分の好みじゃなかったら、いくらお金をもらえるといってもやだな、という人もいるでしょう。もちろん、中には好みじゃない女性もいると思います。ですが、そういう女性はお金を持っていて時間がある人、そして旦那に振り向いて欲しかったり他の男性を求める人なので、美に時間とお金を使っている人も多いです。

だから、いわゆるキレイ系な女性も多いでしょう。お金を払ってまでと聞くと、容姿や体型が男性から受け入れられないようなものかな?と思いがちですが、全てがそういうわけではないようです。年齢や体型にも好みがあると思いますが、キレイ系であれば多少理想の歳じゃなくても、受け入れられる人も多いのではないでしょうか?

もちろん、理想にピッタリな女性と出会えることもあるでしょう。ただ、逆援助をするぐらいだからよほどの理由があるのではないか?と不審に思う人もいるかもしれませんが、寂しさを感じていても男性を悪用しようなんてことを考えている人はあまりいないでしょう。

人との出会いなので、何があるかわからないのはどんなことでもいえますが、やはりお金を払って寂しさを癒したい人は、そんな相手を利用しようなんて思う気持ちが湧かないと思います。なので、変な女性というより、やはり寂しくて体も心も癒してほしい女性といえます。

それでも、少し気になるようならお互いのプライベートにあまり首を突っ込まないで、会うときは会う要件を済ましたらすぐに別れるということでもいいでしょう。相手の女性もそこまで期待してはいないと思いますし、あまり触れてほしくないと思っている人もいるでしょう。

もしくは、自分のやっていることに罪悪感を感じている人もいるかもしれません。そういう女性は、なおさら癒してあげるといいでしょう。デートをして楽しませて、セックスで心も体も満足させてあげる。それだけでお金をもらえたりデート代を払ってもらえるなら、男性としてはとても嬉しいことではないでしょうか。

これから、また不況が加速し男性もアダルトサービスにお金を使っている場合じゃなくなってきたら、逆援助も真剣に考えられることかもしれませんね。

読んでおきたい関連記事はコチラ→「逆援」とは何なのか?その魅力に迫る